よくふくタオルの日は、毎年4月29日!

タオルパパに聞く!タオルのQ&A

やあ、みんなこんにちは!タオルパパだよ。
タオルが大好きな僕たちタオルファミリー!タオルのことに詳しいという噂が広まって、最近では、ご近所さんや知り合いから、タオルのことでよく質問されるようになったんだ。そんなわけで、今日は、みんなからの質問について答えていくことにするよ。

質問その1:タオルが作られる時に一番重視されているものは?

一言で言ってしまうと、いかに使う人の立場になって考えられているか、ということじゃないかな。

例えば、買ってすぐに洗わなくても使えるタオルや、毛羽落ちの少ないタオルなら、使う人もちょっと嬉しいよね。そんな機能面での心配りは大切だと思うんだ。

それに、ライフスタイルも多様化して、使う人の好みも様々になってきているよね。使う人の年齢や、性別、使用シーンによっても、適した素材や大きさは違ってくる。

そんな、あらゆるニーズに対応出来るように、タオルを作っている会社は常日頃、サイズやデザインやバリエーションを増やしていく努力をしているんだよ。

質問その2:タオルを選ぶ時のポイントを教えて!

タオルは、毎日の生活の中で使うものだから、何よりも使う人の好みや目的にあったものを選ぶのが一番大切だよ!まず、誰が、何の目的で使うのかをよく考えて、それから好みのデザインを選ぶのが良いよ。

「値段が高いタオルだから間違いない!」というのも、あながち嘘ではないけれど、価格だけがタオルの良し悪しを決めるわけじゃないんだ。使う目的に合わなければ、使いにくかったり、そのタオルが持っている機能を生かしきれなかったりすることもあるんだ。「高かったのに・・・」と後悔することがないように、買う前にじっくり検討してみることだね。

質問その3:タオルを使う前に注意するべきポイントは?

タオルは、コットンという天然の素材を主な原料としていることは、前にも紹介したよね。自然素材ということは、言ってみれば生き物のようなもの。髪の毛や肌みたいなもの、と言えば分かりやすいかな?髪や肌のケアをしなければ、バサバサ、カサカサになってしまうよね。だから、毎日洗って清潔にして、必要ならトリートメントや化粧水をつけたりするよね。それと同じで、タオルにもケアは必要!洗い方や干し方にちょっと気を配るだけで、長く大切に使うことが出来るようになるんだ。

タオルの扱い方については、これまで何回か紹介してきているから、ぜひ参考にしてみて欲しいな。

質問その4:欧米と日本のタオルやその使い方の違いは何?

元々、タオルは欧米からやって来たもの。

だから、何か違いがあるとすれば、タオルが日本人の体型や風土、住宅事情に溶け込んだということが言えるんじゃないかな。例えば、分厚くて大きなタオルは、日本だと「ちゃんと乾くかな?」と思ってしまう人もいるかもしれないけれど、湿気が少ない風土で、日本よりも乾燥機が比較的普及している欧米の人達には、そんなに扱いにくい物ではないのかもしれないね。

ちなみに、お風呂で使う浴用タオルという種類は日本(アジア)特有のもの。わざと薄めに作ってウエットユースとして使用するけど、欧米ではあまり見られないものなんだよ。

最近では、日本人のライフスタイルも様々になり、厚手のヨーロッパ的な物が好まれるようになってきているけれど、どちらかというと日本では、ソフトタッチで洗濯などの扱いが簡単なタオルが好まれる傾向にあるぞ。

まあ、今では日本人もずいぶんと欧米化が進んでいるから、使い方に違いを感じることは少ないと思うよ。

みんなからの質問に答えてみたけれど、どうだったかな?タオルは毎日使うものだし、知っておくとためになる情報だから、ご家族や周りの友達にもぜひ教えてあげて欲しいな!